NHK大河ドラマ「真田丸 第25回 別離」を見て

NHK大河ドラマ「真田丸 第25回 別離」を見ました。
天下統一を成し遂げた秀吉ですが、悪いことばかり次々と起きて全く幸せそうに見えないのがなんだか気の毒に思えました。信頼を寄せていた千利休は北条家を相手に商売をしていたことが明らかになって自害に追い込まれ、病がちだった弟の秀長、そして最愛の息子、鶴松も亡くなってしまいます。
不穏な空気が流れる豊臣家の話はシリアスなシーンが多かったので、対照的に信繁の母である薫が登場する場面では心が和みました。鶴松のためにわざわざ明から取り寄せた薬草を煎じようと張り切る薫でしたが、手伝ってくれた片桐且元が煎じた汁を間違えて全部流してしまったのは、かなり笑えました。薫はもはやギャグ担当のようになっていますが、これからも視聴者をクスッと笑わせるエピソードを期待したいです。
また、信繁の姉お松が離れ離れになっていた夫の小山田茂誠と無事に再会できて本当に良かったです。脇役の話もしっかり描かれているところがすごいなぁと感じました。人気のまつ毛美容液リバイブラッシュ